必見!足裏のひび割れの原因と対策方|足裏イズム

  • 未経験OKのフリーライター求人
125,627 views
2014年3月5日
必見!足裏のひび割れの原因と対策方

寒くなってくるといろんな悩みが出てきますよね。風邪を引きやすくなったり、手足が冷えて眠れなかったりと辛い事が多くて、中でも乾燥による悩みは尽きません。今回は乾燥で起こる足裏のひび割れについてお話します。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

足裏のひび割れが起こる原因について

imasia_6339801_M

足裏にひび割れができてしまうと歩く時に痛くて非常に辛い思いをしてしまいます。

ひどい時は歩行困難に陥ってしまい日常生活に悪影響を及ぼします。

その原因には二つの事が関連しています。

まず人間の皮膚は水分を保持する機能を持った角質に覆われていて、この為に人間の肌は弾力と柔らかさを保っています。

その皮膚の水分が失われると、いわゆる乾燥肌となり肌の表面上カサカサになり、白い粉を吹いたり痒みを感じやすくなります。

肌の乾燥状態が続くと角質が次第に厚みを持つようになっていきます。

特に足のかかとや手の指先にその症状が起きやすく、放っておくと亀裂が入ってきて出血や痛みが出てきてしまいます。

足のかかとによく起きてしまう理由は、かかとには皮脂線がなくて肌を保持してくれる皮脂が分泌されないので乾燥しやすいからです。

また、足が乾燥しやすい環境におかれる事が多かったり、靴やソックス等で長時間肌を刺激する事で角質が厚くなるのも原因の一つです。

冷え症の人は更に注意が必要で、冷え症だと新陳代謝がしにくくなり、皮膚の再生能力が遅くなります。

そうすると古い角質が剥がれ落ちつらくなり厚みが増してしまうからです。

もう一つの原因は、水虫によって皮膚が硬くなる場合です.。

足裏のひび割れの治療方法について

足裏のひび割れは自分で治療する方法と病院での治療の二つあります。

乾燥が原因だと自分で治すことができます。

まず最初にする事は、厚くて硬くなった角質を除去していきます。

この時に使うのが湿らせた軽石です。

これで硬くなった皮膚をこすっていくと古い角質を取り除く事ができ、肌の表面上が滑らかになり柔らかくなります。

軽石を使う場面は入浴時や寝る前が最適で、使った後に保湿剤を使うと乾燥をかなり防いでくれます。

この保湿剤は市販のハンドクリームで十分効果がありますが、冷え症の人は血行促進に効果があるビタミンEを含んだクリームを使うとより効果的です。

出血を伴うあかぎれを起こしてしまっている場合は、患部に軟膏を塗り傷を治していきます。

この場合、完全に治るまで時間がかかりますので、それまでは普段の生活では足に刺激等を与えないように十分に注意する必要があります。

どうしてもひびが深く治りにくい場合は、水虫の可能性がありますので、速やかに医者と相談して下さい。

水虫の場合は、白癬菌と言われるカビの一種が原因で発症していますので、自己治療はできなく皮膚科から飲み薬を処方してもらい、体の中から菌を殲滅させていきます。

しっかり治す為には、他にも傷口を毎日しっかり洗い、自宅の床や寝具も清潔にしておく事が大事です.。

ひび割れやすい乾燥した足裏に効果的な成分とお手入れ法

足裏のひび割れは一度起きてしまうと治すのは非常にたいへんです。

そうなる前に普段の生活の中で防いでいく事が必要になっていきます。

その為にまずは足への刺激を抑える為にサイズにあった靴を履き、摩擦を足に極力起こさせない事です。

次に冬場は更に乾燥しやすい環境ですので、十分足を保湿しておく事が重要となります。

保湿を保つ為の方法な中でおすすめなのが、まず一つ目に「蜂蜜」を使った予防法です。

そのやり方はお湯の中に蜂蜜を浸しておき、しばらくの間足を浸けておくだけです。

蜂蜜には十分な保湿成分を含んでおり、また体を温める効果もありますので毎日行うと肌は滑らかさを保つ事ができます。

同じく保湿性を保つ物としてはハーブの一種であるキンセンカの成分を含んでいるクリームです。

このキンセンカは他にもコラーゲンの生成を増やす役割をもっており、更には水虫の治療する抗真菌薬としても使われています。

食生活では栄養素である、ビタミンAとビタミンEを多く含む食物を食べる事で肌の乾燥がしにくくなり、肌を強くする事ができます。

また亜鉛は皮脂線の機能を十分に発揮させ、傷や免疫機能にも役立ちます。

そして、体自体が水分不足にならない様に一日コップ8杯程の水分補給を心掛けるのも重要です。

皆様が乾燥を防ぎ、快適な生活が送れるよう応援します。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。