足の乾燥トラブル、保湿クリームで補いましょう|足裏イズム

  • 未経験OKのフリーライター求人
11,360 views
2014年3月5日
足の乾燥トラブル、保湿クリームで補いましょう

空気の乾燥によりお肌の乾燥には悩まされるものです。 血行不良や冷えによって皮膚の新陳代謝が落ちてしまいます。 お肌の乾燥中でも足の裏かかとのガサガサを保湿クリームでしっかりケアしていってあげましょう、悩みも解決していきます。

WEBライター
  

秋冬は悩める乾燥トラブルの季節

imasia_14031450_M (1)

冬場は暖房により肌全体が乾燥していきますね、女性は多くの悩みをおもちのようです。

同様に床暖房やホットカーペットにの使用により下半身からも水分も奪われていて、乾燥もしやすくなっています。

人間の皮膚の構造により足の裏皮膚は汗が出る皮脂腺がないのです。

なので、どこの皮膚よりも乾燥しやすくなっています。

そして皮膚がガサガサになってきます。

この主な原因は角質です。

肌が乾燥することによって肌表面のきれいに並んでいるはずの角質並びが悪くなったり、状態が進むと確執が剥がれ落ちてきて、ガサガサと粉吹き状態になったり、ひび割れ状態になります。

これは角質の角化という状態によって引き起こされてしまうものです。

角化は、古い角質層が溜まり皮膚が硬くなっている状態のことです。

しっかりと保湿クリームを使いしっかり乾燥ケアのお手入れをしないと、皮膚が粉を吹いている状態のガサガサした肌、皮膚が硬くなった角化した肌の症状はよくならないです。

ここで注意することはガサガサと皮膚が粉を吹いている状態と皮膚が硬くなっていて皮膚にひびまで入ってしまう角化状態の症状のケアは違うということです。

そこをしっかり理解してあげることが大切です.。

正しいケアを覚えていきましょう

imasia_14313998_M

正しい乾燥のケアの1つは、乾燥をひどくさせないために洗いすぎないことです。

2つ目は、保湿用クリームを乾燥の度合いについて使い分けることです。

保湿するためには1日に2回程度できれば塗ることが大切です。

乾燥がひどいときにはオイルタイプを使用したり、逆に乾燥がいつもより軽いなっと思った場合は化粧水タイプや乳液タイプを使用するといいです。

このタイプを用意しときその場に合わせて変えていくのが効果的でおすすめです。

塗るタイミングとして、皮膚が柔らかくなっている入浴後が一番おすすめです。

足全体になじませるようにたっぷりと塗ってあげます。

角質ケアについては、そこまで角質が硬くなっていないときは尿素が入っているものを塗る程度でかなり効果的になります。

もし、角質が硬くなってしまっている場合はやすりや軽石で角質を除去してあげてから、シアバター、ワセリン、ビタミンE入りのものを使用してあげるのが効果的になります。

ただし、この角質を削る場合には、削りすぎないことに注意する必要があります。

削りすぎてしますと、体を守る反応つまり防衛反応によって、かえって角質がどんどんと固く分厚くなってしまうこともありますので注意する必要があります.。

足の乾燥の予防をしときましょう

肌から白い粉が吹いてくる粉吹き肌、白い粉の正体は角質層です。

角質層はお肌の一番外側にあるものです。

常に外界にさらさわれている部分なのです。

ラップのように皮膚をぴったり覆ってあげて、ウイルスや殺菌、紫外線や異物などの刺激の侵入を防いでくれます。

そして体内の水分が蒸発するのを防いでくれます。

冬は手足の体の末端部分の血行が悪くなりやすいものです。

血行が悪いと栄養がそこもで届かず、細胞にも元気がなくなってしまします。

そして血行が悪くなると肌を守る力も少なくなってきてしまいます。

なので、風などからの刺激にも敏感になって肌トラブルが起きやすくなってしますのです。

血行を良くするためにも体の末端部分まで温めあげることが大切です。

また若い人は洗い過ぎが原因で肌の潤いをなくしている可能性もあります。

肌の潤いを保つのに必要な、天然保湿因子、角質細胞間脂質、皮脂膜、それぞれが減少していくと皮膚が乾燥してかゆみなどがおこりやすくなってきます。

保湿クリームでのケアも十分必要になってきます。

乾燥する中でかかとは体の全体重がかかるため角質が厚くなります。

そのため皮膚が伸びにくく乾燥するとひび割れを起こしやすくなってしまいますので、しっかりケアすることによって予防につながります。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇