「イタタタタ!」足裏押して痛けりゃ要注意!?足裏はツボの集大成|足裏イズム

  • 未経験OKのフリーライター求人
3,043 views
2015年6月2日
「イタタタタ!」足裏押して痛けりゃ要注意!?足裏はツボの集大成

体の中でも最もぞんざいに扱われやすい、足の裏。 普段生活していて、パートナーや恋人に見せることもまずもってないし、お手入れも行き届きにくい箇所でもあります。 そんな、可哀想な足の裏ですが、実はとっても大切なんですよ。

フリーライター・コラムニスト
林くららのfacebookアイコン
  

足の裏に汗をかくのは健康な証拠!?

足裏はツボの集大成

足の裏に汗をかく=「にちゃあし」、これは足はむれるし臭いし、靴まで臭くなってしまいますから、男女ともに大変嫌われる疾患ですね。

よそのお宅にお呼ばれしても、にちゃあし故に家に上がるのをちゅうちょしてしまったり・・・。
女の子にいたっては、にちゃあしはもはや致命傷です。
ましてや彼氏がぱさぱさ足の場合は、絶望感はさらに増します。

その逆もありきですよ。
せっかく意中の女の子をドライブに誘うことに成功しても、にちゃあし発覚を恐れて足元から出てくるエアコンをつけるのを避けた結果、
「気の利かない人!」
なんて、どんくさい人扱いを受けてしまったり、最悪です。

でもね、聞いてください。
足の裏に汗をかくのは、極めて身体が健康な証拠なんです。

何故?

それは、足の裏には身体中のツボが集結しているからです。

その部分が汗をかく、それはつまり新陳代謝が活発ということなんですね。
健康な人はみんな、隠れにちゃあし要素を持ってるんです。
そこのあなた、恥ずかしがることはありません!

アイドルだって、足の裏に汗をかく

アイドルだって、にちゃあしなんですよ!
たとえば、天下のSMAPの中居クン

彼は若かりし頃、SMAPのかたわら、地元湘南・藤沢のロータリー付近の治安の悪いところをシャコタンのシーマでブイブイいわせてたそうですが、高級車故土禁(土足厳禁)仕様だったそうで、中居クンの車に乗ったオトモダチいわく、

「中居は足がくさかった」

と証言しておりました、ハイ。(証言すんなよな)

しかしどうしようもないオトモダチですなあ、中居クン。
でもその中居クンがいい証拠には、あんなに超過密スケジュールを長年こなしてるわりには、体を壊したという話は聞いたことがありませんよね。
ね、

やっぱ、にちゃあしの効能ですよ。

足の裏を丁寧にケアして健康になろう!

足裏はツボの集大成

毎日ちゃんとお風呂に入っていても、足の裏って案外ぞんざいに扱われているものです。

足湯ってご存知ですか?

いわゆるフットバスですが、ちゃんとした料金体制になってるところでこれを受ければ、セラピストがお湯の中の足を丁寧にマッサージしてくれるんですね。
いまさら・・・って、釈迦に説法かもしれませんが、角質や余った浮き出てきた皮を全部取り去ってくれるんですよ。

手を始め、色~んな道具を駆使して。
私の担当になってくれた人は典型的なオバチャンでした。
私の足下にしゃがみ込んで、無防備につむじをさらけ出し、フーフー言いながらマッサージ、角質取りなど施してくれて、いくら有料とはいえ、私はツルツルになった足の裏を触ってみて、つくづくオバチャンに感謝したものです。

フットバスは一時の大ブームは過ぎましたが、今でも存在してますので、受けてみるのも足の裏をメンテナンスするいい一案だと思いますね。

もし、魚の目とかがあって移るから行けない、なんて人は問題外です!
まず、シューフィッターに相談して靴を選びなおしてください。
で、皮膚科に行きましょう。

みんなもっと足の裏を大切にしようよ!

関連サイト
http://ashiuraism.com/massage.html
http://ashiuraism.com/sol-massage.html

著者:林くらら

フリーライター・コラムニスト
アイコン
林くららのfacebookアイコン
初めまして!林くららと申します。どうぞ以後お見知りおきをお願いいたします。ライティングはオールジャンルで精一杯頑張りたいとは思いますが、基本的にはサブカルチャーに特化しています。その中でも特に80年代後半から90年代頭の音楽バンドシーンなどは得意ジャンルです。また、つたない経験といたしましては最近では、WEBライターなどあります。しかしながら過去のライター経験をかざすというよりは新人として一からしっかり学びながら頑張りたく思います。ちなみに文体は潔く、ハッキリとしたもの言いが多いようです。また、内容によっては毒舌な一面も多く見受けられるそうです。皮肉を盛ることによって物事を斜めから見た文体も書きますが、その場合文末できもち内容を持ち上げるように心がけ、文を読んだ人が面白がる文体に仕上がるように気を付けています。むしろどちらかといえばマジメ一辺倒の文より得意としています。こんなくらら一玉いかがですか?