足裏マッサージで心身共に健康な生活をおくりましょう!|足裏イズム

  • フリーのライターを募集しています
3,648 views
2015年2月25日
足裏マッサージで心身共に健康な生活をおくりましょう!

足の裏には身体全てのツボがあります。これらのツボを痛気持ちいいくらいの強さで刺激してあげることで、心も身体もスッキリとしますよ。

WEBライター
  

足裏は第2の心臓

足裏には、身体全体のツボがあります。そのため足裏は第2の心臓ともいわれているのです。

ハマる人はハマる足ツボマッサージ!

一度は足ツボの指圧を受けたことがある方も多いと思いますが、これ、やってみると凄く痛い!もう、めちゃくちゃ痛い!時には悶絶するぐらい痛いところがあったりしますよね。

筆者も、以前その関係の仕事に携わっていたことがあります。そのため、指圧を体験してみようということになりました。

ところがいざ足ツボを指圧されたら、相手は上司でしたが蹴り飛ばしたくなるくらい痛かった、というおぞましい記憶があります。中には、どんなに押されても全く痛みがないという方もいるようです。そういう方はきっと健康なのでしょう。不健康気味の筆者には羨ましいかぎりです。

足裏

足裏マッサージは、多少の痛みが伴う時もあります。それでいて心地よくなりたいなら、軽い足裏マッサージから始めてみるのもいいかもしれませんね。

温泉や公園などにデコボコと石の付いた道のようになっている物がありますが、あれを踏むことも足ツボを刺激するには有効な方法の一つだといえます。

それでも、痛くてなかなか前に進めないという方が大半だったりします。その一方で、時々平然と歩いている方がいて、凄~いとびっくりしてしまい、見入ってしまったことがありました。

また、近年では、足専用のフットマッサージ器もいろいろなタイプの物が出ています。それらを実際に試してみて、自分が、あ!これ気持ちいい~なあ、と感じる物を選んで使ってみるのもよいかもしれませんね。

筆者もパソコンディスクの下に、お気に入りのフットマッサージ器を置いて、時々思い出したように足のマッサージをすることがあります。マッサージをした後と前では、やはり足の疲れも違う感じがします。

気持ちがよすぎて、足ツボマッサージが癖になった、なんてことになりそうですね。

足ツボを押して痛いのはなぜ?

足裏のツボを指圧して痛いところ、それは身体が弱っていたり、具合が悪い証拠です。

血行が悪くなって、ドロドロ血液になっていることもあるので、放っておくと健康にも影響が出ることもあります。

足裏マッサージの効果とは?

最初にも述べたように、足の裏には身体全体の多くの重要なツボがあります。足裏マッサージ、または足ツボを指圧することによって、それらの血流が良くなります。

血流が良くなるということは、身体の健康にも大きく関係します。末端の血流を良くすることで、身体全体の血流もスムーズに流れるという効果が得られるのです。
その結果、血流がよくなることで、脳にもいい刺激が得られます。

脳の大脳皮質は、感情や感覚をコントロールするという役目もありますが、これは足裏ともつながっています。そのため、足裏の刺激が脳にも伝わり、これにより気持ちを癒やしたりリラックスさせたりする効果があります。
もちろん、これらの効果は、足裏だけでなく、全身のいたるところでも効果があります。

また、足裏だけでなく、ポンプの役目であるふくらはぎを、下から上へと優しくマッサージすることで、更に、よりよい効果が得られます。
足ツボを指圧して、身体の具合の悪い部分を調べたりすることもできますし、足ツボマッサージや指圧をすることで、回復を促すことも期待できます。

ふくらはぎ

特に女性に多い冷え性なども、血行不良からおこることもあるので、足裏からふくらはぎにかけて、よくマッサージをすることで、冷え性の改善にもつながります。

マッサージをする際に、お気に入りの香りのボディークリームなどを使うことで、お肌に潤いを与えることもできますから、そういったグッズを使ってみるのもよいですね。

足裏マッサージで、心身ともに健康な毎日を目指しましょう。

関連サイト
http://ashiuraism.com/tsubo-shuutaisei.html
http://ashiuraism.com/sol-massage.html

著者:西野紗菜

WEBライター
アイコン
はじめまして西野紗菜です。好奇心旺盛で少々ドジな面もあります。
幼少時代より、文章を書くのが好きで、パートの傍らで、ライターになるべく日々模索中でしたが、
あることをきっかけに、フリーライターとして活動を始めました。
夢は、物書きになること。その夢が叶った今、どんなジャンルにも対応できるライターを目指して日々邁進しています。